FXで成功するには

FXで成功する秘訣とは

外貨投資で成功する秘訣を聞かれた時には、タイミングと自分に合った投資スタイル、制約条件が少ない商品の選択と答えている。現在の円高もそうだが、経済危機は後から振り返ると投資のベストタイミングであることが多い。

 

相場が動くとすぐにポジションを張り、人が来るころには益出しをするという話をよく聞くが、早目に動いた方が対応の幅が広がるのだろう。ただし、自分に合わない投資スタイルで無理をするにおは禁物だ。

 

場の綾で勝負したい人もいれば、半年、一年先を見て、ゆったりと投資を楽しみたい人もいる。いろいろ試してみて、自分はなりのスタイルを確立することが重要だ。最後に、商品選択では、携帯やパソコンですぐに相場が確認でき、相場急変時に解約が可能な商品をお薦めしたい。FXはリスクを抑えて取引すれば、こうした条件を満たす魅力的な商品だ。外貨運用の一般的な手段として取引していただけるよう、努めてまいりたい。

 

取引所にもコンビニ「目線」を

取引所は国家金融インフラの中で重要な一角を占めるが、同時に顧客ニーズヘのスピーディーかつ的確な対応という金融サービス業の本質を忘れてはならない。まず喫緊の課題は、取引時間の延長と取扱商品の多様化であろう。大阪証券取引所は7月19日から24時間取引に向けて取引時間を朝3時まで延長したほか、米国シカゴーマーカンタイル取引所(CME)との業務提携をスタートした。

 

一方、政府も「総合取引所」創設に向け、株式や債券の現物、それらから派生したデリバティブ(金融派生商品)取引のワンストップ化を後押しする。顧客ニーズの徹底した取り込みという点では、すぐ近くにコンビニという最高のモデルがある。24時間×365日、税金・公共料金支払いから、チケット発券や宅急便集配まであらゆる顧客ニーズに即時対応している。日本の取引所も国際的な競争力向上を目指し、コンビニの徹底した顧客目線を見習いたい。